フジロックのキャンプサイトについて

s_IMG_2741

フジロックではチケット代や交通費で何かとお金がかかるので、宿泊費は何とか抑えたい所です。

そんな方におすすめなのがキャンプサイトです。

キャンプの場合は3000円のキャンプサイト券を購入するだけで、なんと開催期間中の翌日12:00までキャンプをする事が出来ます。

キャンプはフジロックの醍醐味とも言えるので、是非体験してみて下さい。

スポンサーリンク

キャンプサイトを快適に過ごす為の方法

キャンプサイトで快適に過ごす為には、テントの設置場所はとても重要です。

テントを張る場所が見つからず斜面にテントを張ってしまうと、開催中に良く眠れずにフジロックの魅力が半減してしまうかもしれません。

キャンプサイトのオープンは前夜祭の12:00から、入り口近くの場所を確保する為に毎年多くの人がオープン前から並んでいます。

1度オープンするとキャンプサイトのリストバンドを持っている人はいつでも出入りすることができます。

可能であれば前夜祭の昼12:00に並ぶ事が出来ればほぼ確実に平らな場所は確保できると思います。

前夜祭から行けなくてもテントを張る場所はある?

答えはYESです。

キャンプサイトの奥地を上の方に登れば登る程テントはどんどん少なくなっていきます。

年々テントの数が増えているフジロックでも、キャンプサイトの入り口から15分以上歩けばテントを張る場所はあるので安心して下さい。

ムーンキャラバンとピラミットガーデンとキャンプサイトの違いは?

ムーンキャラバン

ムーンキャラバンは4泊限定のオートキャンプ施設で、区画が割り振られているため、キャンプサイトのように場所取り合戦に参加する必要がありませんが、通常のキャンプサイトとは場所が違い、入場ゲートまでが遠いです。

また車の入出庫時間が決められており、開催期間中に途中で車を出す事はできません。

車を出し入れして、近隣の温泉施設などに行くことは出来ません。

ピラミッドガーデン

ツアーバス利用者専用のキャンプサイトで、通常のキャンプサイトより余裕が持てるが、やはり入場ゲートまでは遠いです。

しかしながら、平らな場所は確保されており、隣のテントがぎゅうぎゅうで居心地が悪いという事もありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です