フジロックの靴について

フジロックでは例年常に雨が降ったり止んだりの状態なので、ぬかるみを歩くための動きやすさや、いかにして靴の中の浸水を防ぐかが重要になってきます。

靴の中に水が入ると、ストレスが溜まり体温も下がるので、思いのほか体力を消耗します。

靴はケチらないで良い物を買うと快適になります。

サンダルでフジロック行ける?

結論から言うと絶対にお勧めしません。

サンダルは足を露出しているので、濡れてもストレスにならないと思われがちですが、まずぬかるみではサンダルをとられ、モッシュピット(ステージ前方)に突入しようものなら、足を踏まれ血だけになり、サンダル自体も何処かへ消えて無くなってしまいます。

また、フジロックはステージ間の移動距離が長く、砂利道など悪路が当たり前なので、移動で足への負担を少しでも軽減するため、サンダルで行くのはやめましょう。

トレッキングシューズがバランス良し

1番お勧めなのはトレッキングシューズです。

ハイキングや登山用のトレッキングシューズは、防水性能や歩きやすさ通気性どれをとってもフジロックにマッチしています。

足首から水が入ることがあるので、ミドルカット〜ハイカットのゴアテックスのトレッキングシューズをお勧めします。

フジロッカーの間で人気なのがこちらのメレルのカメレオンシリーズ。

ゴアテックスでなおかつ通気性能に優れています。

他にもメレルのトレッキングシューズを履いている人も多いですね。

防水性能と価格では長靴が良い

トレッキングシューズは良いけど、チョット値段が高い、1年に1度しか使わないから勿体無い…。

という方におすすめなのは長靴です。

長靴なら梅雨時や雨の日普段も使えるので、損した気分にはならないはずです。

長靴は通気性を無視するのと引き換えに、完全な防水を手に入れることができます。

どんな大雨でも、川の中に入っても穴があかない限り完全防水なのは魅力的です。

難点としては、やはり通気性が悪いので蒸れるところと、クッション性などがトレッキングシューズに比べて弱い為に歩きづらさや疲れやすさがあります。

クッション性の高い中敷を入れて、調整することをお勧めします。

フジロッカーに人気なのは言わずと知れた野鳥の会、価格的にも性能的にも(コンパクトに折りたためる)おすすめです。

ものによってはブーツもあり

物によってはレッドウィングやホーキンスなどのブーツでも防水できる物もあると思うので、ありだと思います。
ただ普段履き慣れていないと歩きづらく、体力を消耗してしまうかもしれないので、注意が必要です。

オシャレなサンダルを履きたい女子は

移動は最小限にしましょう、モッシュピットはもちろん、前方に行く時は細心の注意を払ってくださいね。

比較表などを搭載した更に詳しい記事はこちらからどうぞ。

フェスに履いていくのに最適な靴は?フェス歴15年の私がおすすめを紹介します

その他の持ち物はこちらも参考にしてください。

フジロックの持ち物リストとチェックリスト

フジロック2017の定価以下チケットを見に行く

フジロック2017の定価以下チケットを見に行く